仕事の効率を上げるデスク整理術

綺麗なデスクにする方法

綺麗にすると仕事がはかどる

基本的に会社では、デスクの上で作業すると思います。 たくさんのものが散乱していると、作業を進めにくくなってしまいます。 頻繁に使うもの以外は、引き出しの中にしまってください。 何をデスクの上に置いて良いのか、考えてみましょう。 スッキリすると、仕事がはかどります。

デスクの上をスッキリさせよう

仕事の効率が悪くて、悩んでいる人がいると思います。
もっとすばやく仕事を進めることができれば、短時間で仕事が終わるのでどんどん仕事の幅を広げることができます。
デスクを整理整頓することを意識してください。
具体的に、どのようなデスクにすると仕事がスムーズに進むのでしょうか。
まず、頻繁に使うものをデスクの上に載せておきましょう。
デスクの上に載せるのはそれだけです。
するとデスクの上がこれまでよりも広くなるので、作業をしやすくなると思います。

ペンやハサミなどの筆記用具は、机の中に入れておきましょう。
これらはよく使う筆記用具なので、机の1番上の引き出しに入れることをおすすめします。
中ぐらいの引き出しには、辞書などを入れておくことをおすすめします。
書類を作成している時に、字が分からなくて困ることがあると思います。
必ず辞書をデスクの中に入れておきましょう。
また、仕事をしているとたくさんの人から名刺を渡されると思います。
名刺も、中ぐらいの引き出しの中にしまっておきましょう。

大きい引き出しには、書類をしまうのがベストです。
過去に使った書類でも、いつか再び使用するかもしれません。
少なくとも1年は、使った書類を保管しておきましょう。
使いたい時にすぐ出せるよう、ファイルにラベルを張っておくのが良い方法です。
いくつかのファイルを用意して、仕事のジャンルごとに書類を分けて保管してください。
すると探しやすくなります。

文房具などを入れる

メモする時に使うボールペン以外は、デスクの引き出しにしまってください。 仕事をする時には、ペン以外の筆記用具も使います。 ですがそれらを全てデスクの上に置くと、邪魔になります。 必要な時にすぐ取り出しせるよう、引き出しの1番上にしまうのがおすすめです。

大きな引き出しに入れておこう

ずっと書類をデスクの上に置くのは、賢い方法ではありません。 すでに使い終わった書類は、邪魔な存在になるだけです。 引き出しの中に、収納してください。 使い終わった書類は使用する頻度が少ないので、1番下の引き出しでも良いでしょう。 そこは大きいので、収納しやすいです。

Topへ
戻る▲