綺麗なデスクにする方法

この記事をシェアする

大きな引き出しに入れておこう

書類は引き出しに入れよう

使い終わった書類でも、再び使用するかもしれません。
簡単に捨てないでください。
最低でも、1年は保管しておくと安心です。
書類を使用したいと思った時に捨ててしまっていると、また書類を制作しなければいけません。
余計な手間が掛かるので、使い終わった書類は引き出しの中に収納するのが良い方法です。

デスクの形にもよりますが、ほとんどのデスクは1番下が大きな引き出しになっています。
そこなら書類でも、簡単に収納できるでしょう。
引き出しの中に収納すれば、急に過去の書類が必要になってもすぐ取り出せます。
余計な時間をカットできるので、仕事をスムーズに進めることができますね。
1番下の引き出しには、書類のみを収納してください。

分かりやすく収納する

適当に書類を引き出しの中に収納していると、どこに何の書類があるのか分からなくなってしまいます。
せっかく過去の書類を残しているのに、必要な時に探し出せなかったら意味がないです。
分かりやすく収納することを、目標にしてください。
そのため、ジャンルごとに書類を分けるのが良い方法です。
ファイルに何のジャンルなのか分かるようにラベルを貼っておくと、すぐに書類を見つけることができます。

たくさんの書類があると、探すのが大変になります。
工夫して収納することで、短時間で目的の書類を探せます。
常に引き出しの中が整理整頓されていると、気持ちが良いので仕事に対するモチベーションも上がるかもしれません。
そのように良い効果も発揮できます。


Topへ
戻る▲